固定電話のメリット2-災害時の対応力

固定電話のメリット2-災害時の対応力

固定電話は所在地を証明し、消費者取引において書かなければならない書類などに書くことができるメリットがあります。しかし、それだけでは固定電話を持つ意義というのはそれほど大きくありません。それでは、固定電話には他に、どのようなメリットが考えられるでしょうか。

例えば、災害時への対応力が携帯電話やスマートフォンよりも強いということが挙げられます。緊急電話(救急車や消防車、警察を呼ぶときに使われる緊急通報用電話番号での電話)の場合、固定電話によるものがいいとされています。さらに、災害時における停電の際でも、緊急電話を利用できます。最近は、震災などの影響で停電など、災害によるトラブルへの危機感が強く、そのことから、固定電話へのニーズも以前より上がっているのかもしれません。

携帯電話は回線がかつかつの場合、混雑していてメールや通話がままなりません。回線がかつかつになり、混雑していてメールや通話がままならなくなる状況というのは、ずばり災害時になりやすくなります(他にも大晦日など、多くの人が一斉に明けましておめでとうメールを打つときなど)。災害時は、親族や知人・友人の安否を確かめるため、一斉に電話が利用されます。そんなときは携帯電話ならまずつながりませんが、固定電話の場合、携帯電話よりもつながりやすいメリットがあります。

    Copyright(C) 携帯VS固定電話 All Rights Reserved.