携帯電話が普及することによる弊害

携帯電話が普及することによる弊害

現代では、老若男女問わず、携帯電話やスマートフォンの普及率は凄まじいものになりました。生活必需品として認定されていてもおかしくないと思いますが、実際はどうなのでしょうか。パソコンが生活必需品となる普及率の中、携帯電話やスマートフォンも、もちろんそうなのでしょう。

しかし、携帯電話やスマートフォンが普及されるということは、従来その機能に携わっていたものの代用品となりえ、いずれその旧物は衰退していくことになるでしょう。そして、実際に、携帯電話やスマートフォンが爆発的に普及されたことで、固定電話の存在が薄まっている現状です。まだまだ、固定電話の意義は尽きていないとはいえ、今の世代の人たちは、わざわざ固定電話を導入しようと考えない傾向になっていると考えられます。

「でも、固定電話の役割は確固たるものだから安心だ」と思うかもしれませんが、携帯電話やスマートフォンのニーズが増え、固定電話のニーズが減るということは、その他さまざまなケアも携帯電話やスマートフォンよりに傾いていくことになります。固定電話が必要なくなれば、なくてもいいという世の中になっていくでしょうし、さまざまな優位性も自然消滅していくことでしょう。

    Copyright(C) 携帯VS固定電話 All Rights Reserved.